クラゲ占い「コロンビア勝利」…来館者らため息


コロンビアの国旗の容器に入っていくクラゲ(15日、鶴岡市立加茂水族館で)

コロンビアの国旗の容器に入っていくクラゲ(15日、鶴岡市立加茂水族館で)

山形県鶴岡市立加茂水族館で15日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で19日にコロンビアとの初戦を迎える日本代表の試合結果を、クラゲが占った。

世界最多とされるクラゲ展示を誇る同館。今回は東南アジア産の「カトスティラス」(直径3~6センチ)を飼育する円柱水槽に、両国の国旗を個別に入れた容器と、一緒に入れた容器(引き分け)の計三つを沈め、初めに入ったところを勝敗の判定とした。

開始約2分で、ゆらゆらと漂っていた青色のクラゲが入ったのは「コロンビア」の容器。見守った来館者らからは「あー」とため息も漏れた。奥泉和也館長は「結果は残念だがあくまで占い。外れることを期待して試合を楽しみにします」と話した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>