中村航輔「守りの勝負勘は羽生善治に学ぶ」

東京都出身。185センチ、82キロ

柏→福岡→柏

サッカーを始めた小学1年のとき、2002年の日韓W杯で準優勝したドイツの守護神・オリバー・カーンに大いに魅了された。「男の子が憧れる格好良さを持っていて、優勝したブラジルよりインパクトが大きかった。自分もGKをやり始めていたので、その魅力にはまった感じ」と言う。

趣味は、幼い頃に祖父から手ほどきを受けた将棋。「金とか、守りの駒が好き」と話す。好きな棋士は国民栄誉賞を受賞した羽生善治さん。著書は欠かさず読み、勝負に対する考え方を参考にしている。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>