「皆に尊敬されるブラジルを取り戻す」~ネイマール

写真=ネイマールは「王国」のエースの称号にふさわしい活躍を見せられるか=AP

[W杯のスター]王国復権 主役はオレ ブラジルFW ネイマール26

自国開催の前回W杯準決勝で、ブラジルがドイツに1―7の惨敗を喫した「ミネイロンの惨劇」から4年。サッカー王国の失地回復が義務づけられる今大会は、エースを任される自身にとっても、世界一のプレーヤーの称号を目指す戦いだ。

2013年にバルセロナに加入し、欧州チャンピオンズリーグ制覇や2度のリーグ優勝など、多くのタイトルを獲得した。だがどんな活躍を見せても中心はいつもアルゼンチン代表のメッシ。ブラジルの若きスターは、引き立て役だった。

主役の座を求め、昨夏パリ・サンジェルマン(PSG)に移った。移籍金は史上最高となる2億2200万ユーロ(約290億円)。ブラジル代表の同僚も所属するチームで飛躍を期したが、チームメートとPKを奪い合うなどしたことで「自己中心的」と批判を浴びた。2月には右足を骨折して戦線離脱。PSGで輝きを放たないまま他クラブへの移籍も取りざたされ、プレー以外で注目を集めた1年になってしまった。

前回W杯では大けがを負い、準決勝のピッチに立てなかった。FIFA公式サイトで、「皆に尊敬されるブラジルを取り戻さなくてはいけない」と語ったネイマール。16年ぶりの優勝を目指すブラジルの道のりは、サッカー王国の担い手が自らの価値を証明する道のりでもある。(星聡)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>