ワールドクラスのストライカーに飛躍~サラー

写真=プレミアリーグシーズン最多得点者の称号を手に、W杯に挑むサラー=AP

[W杯のスター]プレミア最強 得点王 エジプトFW サラー25

世界の猛者が集うイングランド・プレミアリーグで、間違いなく今季の主役だった。元イングランド代表・シアラー、ポルトガル代表・ロナルド、ウルグアイ代表・スアレスの持つ記録を1点上回り、現行の38試合制で最多となる32得点をマーク。ワールドクラスのストライカーへと飛躍した。
今季、ローマからリバプールに加入。攻守の切り替えが早い戦術を採用するクロップ監督のもと、一瞬でマークを置き去りにする爆発的なスピードと、ゴール前での決定力に磨きがかかった。チーム公式サイトなどによると、リーグ得点王について「常にチームの勝利に貢献したいとやってきた。とても誇らしい」と語ったエースは、今季のプレミアリーグのプレーヤー・オブ・ザ・シーズンにも輝いた。
かつて所属したチェルシーでは活躍できず、イタリアに渡った。プレミアリーグへの再挑戦は、「最初に来た時は成功できなかったと言う人を見返すためにも、いつの日か戻ろうという気持ちはいつも心の中にあった」からという。
26日の欧州チャンピオンズリーグ決勝で左肩を負傷し、交代を余儀なくされたものの、自身のツイッターで「ロシアに行くことを確信している」と書き込んだ。28年ぶりに母国をW杯出場に導いた英雄は、持ち前の不屈の精神でけがを乗り越えられるだろうか。(崎田良介)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>