スピードと屈強なフィジカルの「闘将」~セルヒオラモス

[W杯のスター]無敵艦隊 雪辱期す闘将 スペインDF セルヒオラモス(32)

屈強なフィジカルとスピードでスペインを支えるセルヒオラモス(手前)=AP

史上初の欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリードの主将。これだけで世界屈指の選手であることの証明には十分だろう。スペイン代表でも主将を務め、自身4度目となるW杯に挑む。

スピードと屈強なフィジカルを兼ね備えたセンターバック。今季の欧州CL決勝でエジプト代表FWサラーと交錯した場面のように、闘志あふれる激しいプレーが物議を醸すこともある。

18歳で代表デビューを飾り、今年3月に行われたドイツとの国際親善試合で代表通算150試合の節目に到達した。「初めて代表のユニホームを着た13年前は信じられなかったが、150試合は夢みたいだ」とスペインメディアに語った。GKカシリャスが持つ歴代最多167試合も視野に入り、「簡単なことではないが、代表で最多出場選手になりたい」と意欲を見せる。

「国を代表して戦うことより素晴らしいものはない。勝利への思いを維持できる限り、代表で戦い続けたい」。前回の2014年ブラジル大会で味わったグループリーグ敗退という屈辱を晴らすとともに、10年南アフリカ大会以来2度目の栄冠を見据えている。(帯津智昭)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>