瞬発力でゴール量産~孫興民

アジアのエースに成長した孫興民=ロイター

[W杯のスター]韓国FW 孫興民(25)

一瞬の加速で相手DFを置き去りにし、ゴールを量産する韓国の大黒柱。ドイツでプロ生活をスタートさせ、2015年にイングランド・プレミアリーグの強豪トットナムに加入。昨年11月にリーグ通算20ゴールとし、Jリーグの京都やマンチェスター・ユナイテッドなどでプレーした母国の英雄、朴智星が持っていたアジア人の同リーグ通算最多得点記録を更新。シーズン終了までに30ゴールに到達した。

スピードに加え、両足の高い技術、韓国選手らしい体幹の強さを併せ持つ。その土台は、プロ選手だった父との二人三脚で培われた。英夕刊紙「イブニングスタンダード」とのインタビューで、幼い頃の記憶をたどっている。「テレビゲームやおもちゃの車には興味がなかった。興味があったのは、サッカーだけだった」。今も両親とクラブ練習場の近くで暮らし、試合後は父と改善点について話し合う。

W杯初出場の前回ブラジル大会は、1ゴールを挙げながらも1分け2敗でグループリーグ敗退。ロシア大会で対戦する相手もスウェーデン、メキシコ、ドイツと難敵ぞろいだが、「自分の国を信じている」。プレミアリーグでアジアのエースに成長した25歳が、堂々と2度目の大舞台に立つ。(平地一紀)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>