B組展望~初戦でイベリア対決

<2強2弱>の構図は明らかだろう。

2010年W杯南アフリカ大会を制したスペイン〈10〉、16年欧州選手権優勝のポルトガル〈4〉は、いずれも個々の能力、戦術理解、選手層の厚さで、モロッコ〈41〉とイラン〈37〉を大きく上回る。初戦でぶつかるイベリア半島の両国が、危なげなく突破を決めそうだ。

スペインは長く代表の中盤を支え、J1神戸へ移籍したイニエスタやシルバが健在で、イスコら次世代も台頭。流麗なパス回しで主導権を握るスタイルを継承しつつ、前線からのプレスや速攻にもそつがない。

ポルトガルもエースのロナルドに加え、欧州予選で22歳のAn・シルバがゴールを量産するなど質の高い選手がそろう。

堅守のモロッコ、身体能力の高いアズムンを擁するイランは、ともに少ない好機をものにして番狂わせを演じられるか。

(数字は世界ランキング)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>