D組展望~クロアチア旋風再び

前回準優勝のアルゼンチン〈5〉が優位に立つものの、南米予選ではもたつき、最終節でロシア行きを決めた。メッシ、アグエロ、イグアインらFW陣は豪華だが、後方の選手たちの顔ぶれはやや心もとない。大会を勝ち抜くには、ディバラら若い世代の台頭が必要になりそうだ。

クロアチア〈20〉は、モドリッチやラキティッチら世界屈指の実力者が円熟味を増している。感情を高ぶらせて自滅する悪癖を抑えられれば、初出場で3位に躍進した1998年フランス大会の再現も不可能ではない。

初出場のアイスランド〈22〉は、2016年欧州選手権でイングランドを破って8強進出。G・シグルドソンら欧州各地で実績を残す選手が複数いて、失点を防ぎカウンターを狙うスタイルを徹底させるしぶとさを持つ。

ナイジェリア〈48〉は、モーゼスら速さと強さを併せ持った選手が複数いて、前回大会に続く16強は射程圏内だ。

(数字は世界ランキング)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>