日本、セネガル…ランキング下位がともに白星

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、サランスクなどでグループリーグ(GL)が行われ、H組では、日本(世界ランキング61位)がコロンビア(16位)に競り勝ち、セネガル(27位)はポーランド(8位)を破り、ランキング下位がともに白星。これで出場32チームすべてが登場した。GLは同日から2戦目に入り、A組の開催国ロシア(70位)がエジプト(45位)に快勝して2連勝を飾った。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>