風呂はピンクに~「水とはこういうもの」だった

入浴剤で風呂はピンクに。くらげっと先輩も満足そうです

◆河合特派員のロシアリポート

発言小町のキャラクター「くらげっと」先輩(入社年次が先輩なのです)を連れたワールドカップ・ロシア取材

カザンでチェックインしたホテルで、臭いがひどく、茶色い水がシャワーから出てきた顛末と、その後、ホテル従業員に「水とはこういうもの」と突っぱねられたことお伝えしました。

後になって、カザンの別のホテルに泊まっている人たちと、「水問題」が話題になりました。それによると、どこも同じような水問題に苦しんでいるようで、何かトラブルが起きているのではなく、この地域では「水とはこういうもの」だったようです。

以前取材した元競泳五輪選手の萩原智子さんの話を思い出しました。

萩原さんは世界中で戦ったことで、どの地域にも透明で澄んだ水があるわけではなく、きれいな水をプールに使えることが、どれだけぜいたくなことなのかを知ったといいます。日本の水道水のありがたみを再認識しました。

実は、こんなこともあろうかと、入浴剤を準備していました。水はピンクになり、臭いも消えました。そしてこの問題、水に流しました。くらげっと先輩も満足そうです。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>