コロンビア戦 サムライブルーに思わぬ援軍?

◆河合特派員のロシアリポート

発言小町のキャラクター「くらげっと」先輩(入社年次が先輩なのです)を連れたワールドカップ・ロシア取材が続いています。

 

コロンビア戦が行われるロシア・サランスクの中心部には、ユニフォームを着たコロンビアと日本のサポーターが集まっていました。ハイタッチや記念撮影で交流する姿を、あちらこちらで見かけます。

くらげっと先輩もその輪の中に入れてもらいました。どこにいるか分かりますか。

数の上では、コロンビアサポーターが多いように感じます。街中では、「日本がやや劣勢」というところでしょうか。

しかし、日本には心強い援軍がいます。それは、サムライブルーの制服に身を包んだ現地のボランティアの皆さん。青色が入ったジャージーやポロシャツで、サランスクの街がコロンビア・イエローに染まるのを防いでくれています。

ボランティアは、観光案内や道案内、食事ができる場所を教えてくれるなど、様々な相談に乗ってくれます。心強い後押しを受けて、頑張れ日本代表!

<<
ニュース一覧へ戻る
>>