セネガル戦勝てば、2大会ぶり決勝T進出決定も


73分、決勝ゴールを決めた大迫〈15〉と抱き合って喜ぶ日本代表の選手たち(19日、ロシア・サランスクで)=三浦邦彦撮影

73分、決勝ゴールを決めた大迫〈15〉と抱き合って喜ぶ日本代表の選手たち(19日、ロシア・サランスクで)=三浦邦彦撮影

【サランスク(ロシア)=岡田浩幸】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、グループリーグH組の初戦となる2試合などが行われ、日本は南米の強豪コロンビアを2―1で破り、セネガルがポーランドに2―1で競り勝って、勝ち点3とした日本とセネガルがH組首位に並んだ。日本は、24日午後8時(日本時間25日午前0時)からの第2戦でセネガルと対戦し、勝てば2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる可能性がある。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>