フランスとクロアチア、決勝トーナメント進出


34分、決勝点を決めるエムバペ(左)(21日)=三浦邦彦撮影

34分、決勝点を決めるエムバペ(左)(21日)=三浦邦彦撮影

失点につながる痛恨のキックミスを犯し、天を仰ぐカバジェロ(右、左後方はゴールを決めたレビッチ)=ロイター

失点につながる痛恨のキックミスを犯し、天を仰ぐカバジェロ(右、左後方はゴールを決めたレビッチ)=ロイター

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は21日、グループリーグが行われ、C組のフランス(世界ランキング7位)がペルー(11位)を1―0で下し、D組のクロアチア(20位)はアルゼンチン(5位)に3―0で快勝。ともに2連勝で、16強による決勝トーナメント進出を決めた。フランスは2大会連続、クロアチアは3位となった1998年大会以来、20年ぶりの進出。ペルーのグループリーグ敗退も決まった。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>