日本戦退場、コロンビア選手の殺害示唆する投稿


カルロス・サンチェス選手(AFP時事)

カルロス・サンチェス選手(AFP時事)

【リオデジャネイロ=田口直樹】南米コロンビアのテレビ局カナル・ウノ(電子版)などによると、19日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)日本戦で退場処分を受けたMFカルロス・サンチェス選手の殺害を示唆する書き込みがツイッター上に投稿され、警察が捜査に乗り出した。

問題のアカウントには、サンチェス選手の写真と、コロンビアがグループリーグで敗退した1994年米国大会でオウンゴールを入れ、帰国後に射殺されたエスコバル選手の写真が並び、「皆さんに夢を提案する」と書き込まれていた。投稿されたのは19日の試合直後とみられる。

サンチェス選手は3分、香川真司選手のシュートを腕で防ぎ、一発退場となった。PKを与えられた日本は先制し、11人対10人の数的優位を生かし、コロンビアを2―1で下した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>