「勝って次に進む」…W杯日本代表が練習再開


ポーランド戦に向け練習する(左から)岡崎、本田、山口ら日本代表の選手たち(25日午前、ロシア・カザンで)=稲垣政則撮影

ポーランド戦に向け練習する(左から)岡崎、本田、山口ら日本代表の選手たち(25日午前、ロシア・カザンで)=稲垣政則撮影

カザンに戻り軽めの調整をしたセネガル戦の先発メンバーら(25日)=稲垣政則撮影

カザンに戻り軽めの調整をしたセネガル戦の先発メンバーら(25日)=稲垣政則撮影

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で激闘のセネガル戦から一夜明けた25日、日本はベースキャンプ地のカザンで、グループリーグ最終節のポーランド戦に向けた練習を再開した。30度を超える暑さだったが、好調さを示すように練習は明るい雰囲気の中で行われた。先発出場した選手たちはジョギングなどで疲労回復を図り、控え組はボールを使ってミニゲームなどを行った。中3日で迎える次戦は引き分けでもグループリーグ突破が決まるが、主将の長谷部は「勝って次に進むことしか考えていない」と力強く語った。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>