サッカーの祭典W杯が開幕、日本の初戦は19日


開幕戦の試合開始前、整列するロシア代表とサウジアラビア代表の選手ら(14日、モスクワで)=三浦邦彦撮影

開幕戦の試合開始前、整列するロシア代表とサウジアラビア代表の選手ら(14日、モスクワで)=三浦邦彦撮影

開幕戦を前に、ルジニキ競技場前で盛り上がるロシアとサウジアラビアのサポーターたち(14日午後、モスクワで)=三浦邦彦撮影

開幕戦を前に、ルジニキ競技場前で盛り上がるロシアとサウジアラビアのサポーターたち(14日午後、モスクワで)=三浦邦彦撮影

【モスクワ=星聡】4年に1度のサッカーの祭典、第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会は14日、開催国ロシアとサウジアラビアによる開幕戦がモスクワ・ルジニキ競技場で始まった。東欧圏では初開催となる。32チームが出場し、7月15日の決勝まで64試合の熱戦を繰り広げる。6大会連続6度目の出場となる日本は6月19日、強豪コロンビアとの初戦に臨む。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>