全権を任された柴崎…「西野ジャパンの形」確立


前半、競り合いながらボールキープする柴崎(中央)(24日)=三浦邦彦撮影

前半、競り合いながらボールキープする柴崎(中央)(24日)=三浦邦彦撮影

乾の1ゴール1アシストに、ジョーカー役、本田の同点弾。ゴールネットを揺らしたヒーローの陰に、試合を作った役者がいる。彼らこそ、日本の生命線だ。苦手とするアフリカ勢の強豪セネガルと互角に渡り合った好勝負で、西野ジャパンの形は、はっきりと浮かび上がった。

中盤で<全権>を任された柴崎。試合前は「基本的には地上戦。連係で崩す」とイメージしていたが、ピッチでは敏感で、柔軟だった。「最終ラインは背後への対応が良くない」。34分、左サイドでDFの裏に駆けた長友へ、ピッチ中央から一気の展開。長友も同じ弱点を見抜いていた。ロングキックはピタリ。うまくカバーに入った乾が、鮮やかに決めた。

ハーフタイムに引き揚げてきた選手たちの顔つきに、西野監督は確信した。「自信に満ちている。リズム、テンポ、戦い方をつかんだ。ボールを動かせてチャンスを作れている」。G大阪監督時代に頼った元日本代表MF遠藤保仁のようなキーマン、柴崎がゴールに絡み、手応えはなおさらだ。初戦と同じく、「勝ちきれ」とげきを飛ばした。

最前線では、大迫。相手のシセ監督に「DFに大きなプレッシャーがかかり、なかなか抑えられなかった」と言わしめる力強さで、日本はチームの重心を前に移すことができた。ボールを保持すれば、長谷部が最終ラインに下がって両サイドバックが高く構える布陣も使い分けた。

大迫が「僕が戦うことでチームは生きる」と攻撃の厚みを引き出し、操る柴崎は「(大迫の)キープ力や起点の動きに助けられ、僕らが前を向いてサイドに展開できた」。西野ジャパンでW杯前、2人が同時に先発したことは、一度もない。いきなりの大舞台でチームの柱に据えた西野監督の賭けは、吉と出た。(青柳庸介)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>