王者ドイツ最下位、初めてのグループリーグ敗退


ドイツのゴメス(左)のシュートを止める韓国のGK趙賢祐(右)(AP)

ドイツのゴメス(左)のシュートを止める韓国のGK趙賢祐(右)(AP)

【カザン(ロシア)=崎田良介】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で27日、前回大会王者で世界ランキング1位のドイツは0―2で韓国に敗れ、1勝2敗でグループリーグF組最下位となって敗退した。西独時代を含めてグループリーグ(2次リーグは除く)で姿を消したのは初。同組ではスウェーデンが3―0でメキシコを破り2勝1敗の勝ち点6、メキシコとの得失点差で1位を決めた。

H組の日本は28日午後5時(日本時間同日午後11時)から、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を懸けてポーランドと対戦する。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>