コロンビアがセネガルに1-0、1位で決勝Tへ

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、H組の最終節を迎え、日本(勝ち点4)と勝ち点、得失点差、総得点で並ぶセネガルと、コロンビア(勝ち点3)が対戦、コロンビアが1―0で勝ち、勝ち点4のセネガルを「6」で逆転、1位で決勝トーナメント進出を決めた。

セネガルはポーランドに敗れた日本と勝ち点、得失点差、総得点で並んだが、警告などの少なさで日本に及ばなかった。

セネガルは16分、マネがD・サンチェスに倒されたように見えたが、「ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)」での確認の末、PKには至らず。

コロンビアは31分、ロドリゲスが下がり、ムリエルが入った。

前半は両チームとも得点なく、0―0で折り返した。

セネガルは64分、マネがFKを蹴った瞬間に尻もち。ゴ―ル上に外れた。

セネガルは67分、GKのK・ヌジャイが果敢にクリア、ムリエルの突破を許さず。

コロンビアは74分、右CKからミナが頭で決め先制した。

セネガルは77分、ニャンがシュートを放つが、GKオスピナがはじく。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>