ポーランドに敗れるも、2位で2大会ぶり決勝T


決勝トーナメント進出を決めて喜ぶ日本代表の選手ら(28日、ロシア・ボルゴグラードで)=宇那木健一撮影

決勝トーナメント進出を決めて喜ぶ日本代表の選手ら(28日、ロシア・ボルゴグラードで)=宇那木健一撮影

【ボルゴグラード(ロシア)=岡田浩幸】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で28日、世界ランキング61位の日本は、0―1で世界8位のポーランドに敗れ、1勝1分け1敗の勝ち点4でグループリーグH組の2位で決勝トーナメント進出を決めた。2大会ぶり3度目の16強入り。セネガルと勝ち点4で並んだが、警告などの少なさで上回った。

日本にとっては、勝つか引き分ければ16強入りを決められた一戦。前2戦から先発を6人入れ替え、FW岡崎慎司(レスター)らを起用。後半に入り60分頃、フリーキックから失点した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>