「これが勝負の世界」…ポーランド戦、負けているのに「時間稼ぎ」

決勝トーナメント進出が決まり、喜ぶ日本代表の選手たち(28日、ロシア・ボルゴグラードで)=三浦邦彦撮影

「ブーイング」「フェアプレーポイント」「時間稼ぎ」「他力本願」--。日本がワールドカップの決勝トーナメントへ進出を決めた直後、ツイッターのトレンドに、そんな言葉が並びました。

後半残り数分、日本は0-1でポーランドに負けていましたが、同時に他会場で行われていた同じH組の試合はコロンビア1-0セネガルとなっていました。

このまま両試合が終了した場合、コロンビアがH組1位で決勝トーナメントに進出、日本とセネガルの2位争いとなります。その場合、グループリーグ中に受けたイエローカードの数が少ない日本が2位となると、選手たちはわかっていました。

このため、日本は負けているにもかかわらず、中盤でひたすらパスを回し、時間を稼ぎました。ポーランドは、積極的にボールを取りには来ませんでした。すでにグループリーグ敗退が決まっているものの、この試合での勝利が確定的だったためです。試合終了直前には、ピッチに座るポーランド選手もいました。

ボルゴグラードの試合会場で、息子と試合を観戦した女性サポーターは「子どもに見せたくない試合だった」と話していましたが、ポーランドサポーターからは「これがフットボールだ」との言葉も。

長谷部選手はTVインタビューに「最後は見てくれている人にもどかしいサッカーになったが、これが勝負の世界。次にいけるという結果を取れたのは大きい」と話しました。

筑波大学大学院で選手の動作解析やボールの軌道計算といった「サッカーの科学」を専門とする浅井武教授は、「西野監督はアトランタ五輪でグループリーグ敗退している。長い時間をボール回しでつぶした最後の作戦には、突破への執念も感じられた」と話しています。

◆あわせてこちらも!
川島、渾身のセーブ~指揮官の期待にこたえた35歳~
試合前には飛び交った「川島それはないって」が・・・
日本の決勝トーナメント進出の条件は?敗戦でも・・・
試合応援中、いつトイレに行けるのか?
「キャプ翼」三杉淳と西野朗監督、クライフの関係は?

<<
ニュース一覧へ戻る
>>