明暗を分けた「フェアプレーポイント」の差…日本、薄氷の決勝トーナメント進出

前半、指示を出す西野監督。右はポーランドのレバンドフスキ(28日、ロシア・ボルゴグラードで)=三浦邦彦撮影

ワールドカップ(W杯)グループリーグ3戦目のポーランド戦で、ブーイングの嵐の中、なぜ、負けている日本が終盤に単調なボール回しを続けたのか。先制された日本は苦境に追い込まれたが、その後コロンビアの先制ゴールでセネガルもリードを許した。このままいけば、決勝トーナメントに進めるという判断が働いたからだ。勝ち点で並ぶセネガルとの明暗を分けたのは「フェアプレーポイント」の差だった。

グループリーグの順位は、〈1〉勝ち点〈2〉得失点差〈3〉総得点の順で決まる。

2チーム以上がこのすべての条件で並んだ場合、順位を決めるのは当該国の対戦成績の比較となる。日本とセネガルの直接対決は2-2で引き分けており、勝ち点や得失点差、総得点で並んだ。次の条件となるのが、グループリーグを通じたフェアプレーポイントの差だ。

このポイントは警告や一発退場を数値化したもので、国際サッカー連盟(FIFA)の今大会競技規則では、イエローカードでマイナス1点、1試合2枚目のイエローカードによる退場でマイナス3点、一発退場でマイナス4点――などと決められている。

3試合を終えて、日本がセネガルを警告2枚に相当する2ポイント差で上回った。ちなみに、フェアプレーポイントも同じだった場合は――FIFAによる抽選となる。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>