イングランド「重要なのは決勝T」…理想の2位

イングランドは1点を追う後半、バーディーのスルーパスにラッシュフォードがGKと1対1となるも、シュートはゴール右に外れた。決定機はこの1度くらいで、終盤にウェルベックを投入したがゴールは遠かった。G組は2位で抜けた方が、決勝まで優勝経験のあるチームと対戦する可能性が小さくて有利な組み合わせとされている。サウスゲート監督は「勝たねばならない状況ならケーンを使った。重要なのは決勝トーナメント。そのために温存した」。敗れての2位は理想的な結果だったようだ。(風間徹也)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>