19歳エムバペ2発、仏がアルゼンチン破り8強


前半、タリアフィコを振り切り、驚異的なスピードでドリブル突破するエムバペ。この後ファウルで倒され、PKを獲得した=三浦邦彦撮影

前半、タリアフィコを振り切り、驚異的なスピードでドリブル突破するエムバペ。この後ファウルで倒され、PKを獲得した=三浦邦彦撮影

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は30日、決勝トーナメント1回戦が行われ、フランスがアルゼンチンを4-3で破り、ベスト8進出を決めた。

フランスは13分にグリーズマンがPKを決めて先制。アルゼンチンは41分、ディマリアの豪快なミドルシュートで追いつき、48分にはメッシのシュートをメルカドがコースを変えて流し込み勝ち越した。しかし、フランスは57分、パバールのミドルシュートで同点とすると、64分に19歳のエムバペのゴールで再逆転。エムバペは68分にもゴールを決めてリードを広げた。アルゼンチンは終了直前、アグエロのゴールで1点差に迫ったが、力尽きた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>