【リポート】新旧交代の予感~メッシ無得点、躍動した仏の19歳

1か月に及ぶワールドカップ(W杯)の熱闘が続いている。強豪国や注目国の試合ぶりを、海外サッカーの豊富な取材経験を持つライターの石川聡さんが現地からリポートする。

6月30日 決勝トーナメント1回戦

フランス4-3 アルゼンチン

フランス対 アルゼンチン 試合データ・結果はこちら

前回準優勝のアルゼンチンが決勝トーナメント1回戦でフランスに競り負け、グループリーグで敗れ去ったドイツと共に、4年前に決勝で王座を争った両チームが早くも姿を消した。

「日沈むところの背番号10」と「日出ずるところの背番号10」の戦いだったかもしれない。6日前に31歳の誕生日を迎えたアルゼンチンのFWメッシは、2アシストでチームに貢献したが、フランスの19歳の新鋭FWエムバペは2得点をマーク。両チームの「10番」の差が両チームの明暗を映していた。

試合前日にフランスのデシャン監督が「メッシをマークして、その影響力を抑える」と予告したように、W杯4度目の出場となるアルゼンチンのエースは厳しいマークにあった。立ち上がりの3分には早くもMFマチュイディが激しく当たり、メッシは痛みに顔をゆがめる。密着マークとはいえないまでも、MFカンテが行く手に立ちふさがり、FWグリーズマンまでもが自陣深く戻って激しく体を寄せた。

後半、フランスに追いつくことができず、苦しい表情を見せるアルゼンチンのメッシ(30日、ロシア・カザンで)=三浦邦彦撮影

アルゼンチンのサンパオリ監督は、メッシが「できることをできるように、彼の周囲でサポートしたり、彼のためにスペースを作ったり、あらゆることを試みた」と言った。しかし、メッシが所属クラブのバルセロナ(スペイン)で見せるような巧みな突破や鮮やかな連係は生まれず。ようやく85分にドリブル突破でチャンスをつかむも、GKロリスの正面に飛んだ力ないシュートは、これがメッシのための試合ではないことを象徴していた。4度のW杯で、ついに決勝トーナメントで得点を決めることができなかった。

前回大会後に一度は代表を退き、後に復帰して予選突破に導いたメッシ。サンパオリ監督は「彼の未来は彼が決める」というが、4年後のカタール大会でひのき舞台に立つ姿は想像しにくい。

◆10代選手の決勝T 2ゴールはペレ以来

アルゼンチン戦で驚異的なスピードを見せドリブル突破するエムバペ=三浦邦彦撮影

一方、今大会のスター候補として本格的に名乗りを上げたのがエムバペだ。デシャン監督が選手時代、フランスのキャプテンとして地元で初優勝した1998年大会後に生まれた選手。指揮官は「彼(エムバペ)がフランス人で良かった」と笑った。国際サッカー連盟(FIFA)によれば、決勝トーナメントで2得点を記録した10代選手は、1958年大会で優勝したブラジルのペレ以来だという。

フランスの先制点は13分にグリーズマンがPKで決めたものだが、その反則を誘ったのはエムバペだ。自陣ペナルティーエリア近くでこぼれ球を拾うと、一気に加速して相手選手を次々に振り切り中央突破。最後はたまらずアルゼンチンDFロホが、エリア内で倒してしまった。サンパオリ監督も「相手には、とてもとても速い選手がいた。エムバペを抑えるのは困難だった」と、そのスピードに脱帽した。

先制後、一度は逆転されて試練を迎えたが、57分に22歳のDFパバールが見事な同点ゴールを決めると、エムバペの2得点でアルゼンチンを突き放した。若い選手が多いにもかかわらず、「素晴らしいメンタリティーを見せてくれた」フランスが、この勝利で勢いに乗ることができるか、注目したい。

プロフィル  石川 聡

いしかわ・あきら 1956年生まれ。大学卒業後にサッカー専門誌編集部で海外サッカーを担当。その後、トヨタカップ、日本代表戦などの大会プログラム編集、執筆に携わる。W杯は1982年スペイン大会から続けて取材し、今回が10回目。過去のリポートはこちら

<<
ニュース一覧へ戻る
>>