サッカー代表、ガーナ戦へ合宿…本田や香川参加


西野監督(後方)が見守る中、軽快な動きを見せる(左から)香川、本田、武藤(21日)=稲垣政則撮影

西野監督(後方)が見守る中、軽快な動きを見せる(左から)香川、本田、武藤(21日)=稲垣政則撮影

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表は21日、壮行試合となるガーナ戦(30日・日産ス)に向けた合宿を千葉県内でスタートさせた。

MF本田やMF香川ら海外組10人が参加したが、新たに故障者が増える中で初日を迎えた。

日本サッカー協会などによると、スペインで右太ももを痛めたMF乾は予定を早めて帰国し、20日から代表の宿舎で静養。20日のJ1戦ではGK中村(柏)が首の負傷などで入院するアクシデントもあった。左足首を痛めているFW岡崎は21日、別メニューで調整した。

西野監督は乾と中村について「(回復に)時間がかかりそう。メンバー編成も少し考えなければ。乾や岡崎、(復帰から間もない)香川の状態を見極めたうえで考えたい」などと語った。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>