ベルギー司令塔、警戒心あらわ「楽勝ではない」


日本戦を前に記者会見に臨むベルギーのE・アザール(1日)=三浦邦彦撮影

日本戦を前に記者会見に臨むベルギーのE・アザール(1日)=三浦邦彦撮影

日本戦を前に記者会見に臨むベルギーのマルティネス監督(1日)=三浦邦彦撮影

日本戦を前に記者会見に臨むベルギーのマルティネス監督(1日)=三浦邦彦撮影

ベルギーのマルティネス監督は、1日の公式記者会見で「日本は技術に優れ、ダイナミック。ボール保持を抑えないといけない」と意気込んだ。DF長友(ガラタサライ)らの名前を挙げて、「勝ち方を知っている選手」「集中を解くわけにはいかない」などと警戒。司令塔のE・アザールも「日本は、欧州でプレーする選手もいて質が高い。楽勝ではない。真剣に集中しなければ」などと警戒心をあらわに。ベルギー国内で「黄金世代」と呼ばれる選手たちが成熟期を迎え、「今こそ、輝く時だ」と力を込めた。(青柳庸介)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>