キャプテン翼の応援幕に興奮~危機も好機も0-0で後半へ

日本の応援団がスタンドで掲げた応援幕(AP)

日本代表の決勝トーナメント初戦、ベルギーとの一戦は、前半を0-0で折り返した。

試合前には、スタンドにキャプテン翼の応援幕が登場。世界的にも人気のある作品だけに、各国のジャーナリストや、両国のサポーターが興奮した様子を見せた。

試合は、日本が1分に香川のシュートなどで序盤はやや優勢に試合を進めた。その後、ベルギーの厚い攻めに防戦の時間が長くなったが、川島を中心に得点は許さなかった。44分には、長友のクロスがゴール前の大迫の足に当たって、流れた球をGKが後逸しかけるなどチャンスもあったが、得点は奪えず、0-0で前半を終了した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>