「赤の広場」でも盛り上がるサッカー

日本代表の戦いも終わり、くらげっと先輩との取材も終わりを迎えつつあります。

くらげっと先輩と、帰国前にモスクワの中心、「赤の広場」に立ち寄りました。

様々なワールドカップの関連スペースが設けられています。フットサル場があり、子どもたちが試合を楽しんでいました。

サッカーを楽しむ少年たち

サッカーゴールに設置した9枚のボードを倒すゲーム、コンピューター制御されたゴールキーパーの人形がシュートを阻止する「PKゲーム」など、ワールドカップを機にサッカーを楽しむ場となっていました。

また、赤の広場や周辺のクレムリンでは、私とくらげっと先輩だけでなく、決勝トーナメント1回戦で敗れたチームのサポーターも多くみられ、ロシアでの最後のひとときを楽しんでいました。

さあ、次のワールドカップで日本代表はどんなチームとなり、どんな戦いを見せてくれるか。くらげっと先輩と楽しみにしながら、日本に帰国します。

様々な国のサポーターがサッカーを楽しむ祭典。決勝まで、もう少し目が離せません

<<
ニュース一覧へ戻る
>>