欧州勢4強独占のワケ~高さ勝ち、ネイマールの演技VARで露呈

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、大詰めを迎えた。優勝争いはフランス、ベルギー、クロアチア、イングランドの欧州勢4チームに絞り込まれた。南米、北中米、アジアからも、計5チームが16強による決勝トーナメントに進み、ネイマール(ブラジル)やメッシ(アルゼンチン)といった能力の高い選手を擁するチームもあったが、全て姿を消している。欧州勢の4強独占は、なぜ起きたのか。(読売新聞メディア局編集部・込山駿)

ヘディング勝負は欧州に一日の長

ベルギーのルカク(中央)が、日本の吉田(右)と長谷部(左)と激しく競り合う=稲垣政則撮影

4強の各チームは決勝トーナメントで2試合ずつを戦い、計17点を奪った。このうち、ヘディングで決めたゴールが7点あり、特にイングランドとクロアチアは、ともに3得点中2点を占める。ベルギーも、日本に逆転勝ちした1回戦は1、2点目がヘディング。6得点のうち1点だけだったフランスにしても、ウルグアイとの準々決勝の先制ゴールという勝負どころの得点がヘディングだった。

では、4強に敗れた各チームが空中戦を諦めて足技で対抗していたかというと、そうでもなかった。イングランドに敗れたコロンビアは同点ゴールを頭で決めたし、フランスに3―4で敗退したアルゼンチンの3点目もメッシからの正確なハイボールを頭で合わせたものだった。空中戦の応酬で上回ったチームが勝ち上がる傾向が目立ったという見方はできそうだ。

世界のサッカーに通じ、今大会を現地で取材した読売新聞の川島健司編集委員は、こう分析する。「決勝トーナメントはここまで、相手選手を自由にプレーさせない厳しい守備を敷くチーム同士の争いになっている。スペースのない戦いで相手ゴールをこじ開けるためには、高さがモノを言う。概して足技にたけた選手が多い南米勢が、高さ勝負に付き合わされた格好ではないか」

4強各チームのメンバーを見ると、フランスがジルー(1メートル93)、ベルギーがルカク(1メートル90)、クロアチアがマンジュキッチ(1メートル90)、イングランドがケーン(1メートル88)と、どのチームも上背が1メートル90前後あるFWを先発させている。「空中戦勝負になれば、伝統的に南米勢などよりも、体格のいい欧州勢に一日の長がある。それが勝ち上がりに現れているのではないか」と、川島編集委員は語る。

エース依存を読まれた南米勢

フランスのカンテ(左)、マチュイディからプレスをかけられるアルゼンチンのメッシ(中央)(ロシア・カザンで)=三浦邦彦撮影

一方、サッカー取材の経験が豊富なライターの石川聡さんは、南米きってのサッカー王国であるブラジルやアルゼンチンの戦術的な単調さを指摘する。「ネイマールとメッシという突出したエースへの依存度が高すぎた。彼らにボールが渡る回数が多くなると、対戦相手も対策が立てやすい」

ブラジルを撃破したベルギーにはコンパニ(1メートル90)が、アルゼンチンを破ったフランスにもバラン(1メートル91)という1メートル90前後の大型センターバックがいた。彼らはボール扱いや俊敏性にも優れ、小柄な選手にも大きくひけをとることはない。さらに、ネイマールとメッシを密着マークする選手も置いて、彼らを自由にさせなかった。

大型DFを含む全員が、試合を通じてハードワークする。連係プレーも高度に組織化されている。そんな現代サッカーの戦術を貫けるチームを相手にすれば、メッシやネイマールといった足技の利くスターといえども、簡単に守備を突破することはできない。しかも、ゴールにつながるチーム攻撃の多くがエースを経由するとなれば、エースにパスを出す供給源をフリーにさせず、パスを出されても渡る直前にインターセプトすれば、相手の攻めを分断することが可能になる。

石川さんは「相手にしてみれば、対策を立てやすいチームが、ブラジルやアルゼンチンではなかったか。メッシやネイマールは普段、欧州のクラブでプレーしている。味方や対戦相手などとして、日常的に接している欧州勢にとってはサプライズもないわけで、抑えどころが身についてきているのかもしれない」とも話した。この指摘は、スアレスが輝ききれなかった試合で敗れたウルグアイと、ハメス・ロドリゲスが体調不良で欠場がちのまま敗退したコロンビアにも当てはまりそうだ。

転がり過ぎ、嘲笑の的

ロシア大会の大きな特徴の一つは、映像を使ってプレーを検証する判定補助システム「ビデオ・アシスタントレフェリー」(VAR)が初めて採用されたことにある。グループリーグ日程を終えた段階で国際サッカー連盟(FIFA)の審判関係者が開いた記者会見の発表によると、グループリーグ48試合では計335件(1試合平均約6.98件)の事象がVARのチェック対象となり、17件で映像の見直しが実施され、うち14件で判定の変更が起きた。VARによってPKが与えられたケースは7件あり、逆に主審が宣告したPKが取り消された例も2件あった。

決勝トーナメントに入ってからは、ゴール前での攻防のレベルと激しさが高まっているにもかかわらず、判定の変更などでVARがクローズアップされるケースはそれほど目立たなくなった。ただ、石川さんは「ブラジルの敗退については、VARの導入が微妙な影響を及ぼしているのではないか。従来ならPKが与えられたような場面が、今回は映像で厳正にチェックされて判定が下された」とみている。

VARは、ブラジルのネイマールの大げさな演技を、白日の下にさらした。メキシコとの1回戦。ファウルを受けたネイマールは、身もだえしながらピッチ上に約2分間も転がり、踏みつけられたかのようなアピールをした。ところが、会場の大画面とテレビ中継でVARのスロー再生画像が映し出されると、ケガをするほどの激しい接触はなかった。相手選手に警告や退場などの処分は出されず、ネイマールも立ち上がってからは元気にプレー。敗れたメキシコのオソリオ監督は「恥ずべき行為。サッカーは道化師のものではない」などと、試合後に憤りのコメントを出した。

敗退したベルギーとの準々決勝でも、ネイマールは何度も芝の上に倒れた。相手陣のペナルティーエリア内でVAR判定に持ち込まれた場面もあった。しかし、ビデオ再生されると接触は軽微で、主審がPKを宣告することはなかった。試合後は、インターネット上に「劇団ネイマール」「見ていてウンザリだ」などの言葉が飛び交い、転んでみせる子どもや犬の動画にネイマールの名前を記すなど嘲笑的な投稿も続出。個人的な評判も急落してしまった。

欧州優位はいつも通り

最後に、2002年日韓大会から14年ブラジル大会まで過去4大会の4強進出チームをおさらいしておく。

14年10年06年02年
優勝ドイツスペインイタリアブラジル
2位アルゼンチンオランダフランスドイツ
3位オランダドイツドイツトルコ
4位ブラジルウルグアイポルトガル韓国

 

今大会の4チームを含む延べ20チーム中、欧州勢は15チームと4分の3を占め、南米勢が4チーム。ほか1チームはアジアの韓国で、北中米とアフリカからの4強入りチームはない。圧倒的に優位な欧州勢に、南米勢が懸命に抵抗してきた構図となっている。

今大会の開催国・ロシアは欧州の一角だ。同じく欧州勢の4強独占が起きた06年大会も、開催国はドイツだった。ホーム・アンド・アウェーの開催方式が世界中に浸透し、他競技に増して地の利がモノを言う傾向が目立つと指摘されてきたのがサッカーだ。欧州開催のW杯では欧州勢が優位だという歴史が、改めて浮き彫りになった形でもある。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>