フランスがW杯2度目優勝、クロアチアに4―2


クロアチアを破って5大会ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶフランスの選手ら(右端はクロアチアのモドリッチ)(15日、モスクワで)=三浦邦彦撮影

クロアチアを破って5大会ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶフランスの選手ら(右端はクロアチアのモドリッチ)(15日、モスクワで)=三浦邦彦撮影

後半、フランス4点目のゴールを決め、喜ぶエムバペ(15日)=宇那木健一撮影

後半、フランス4点目のゴールを決め、喜ぶエムバペ(15日)=宇那木健一撮影

後半、フランス3点目のゴールを決め喜ぶポグバ〈6〉(15日)=宇那木健一撮影

後半、フランス3点目のゴールを決め喜ぶポグバ〈6〉(15日)=宇那木健一撮影

前半、フランス2点目のPKを決めるグリーズマン(15日)=三浦邦彦撮影

前半、フランス2点目のPKを決めるグリーズマン(15日)=三浦邦彦撮影

前半、同点のゴールを決めるクロアチアのペリシッチ〈4〉(15日)=宇那木健一撮影

前半、同点のゴールを決めるクロアチアのペリシッチ〈4〉(15日)=宇那木健一撮影

前半、グリーズマンのFKがマンジュキッチ〈17〉のオウンゴールを誘い、フランスが先制(15日)=宇那木健一撮影

前半、グリーズマンのFKがマンジュキッチ〈17〉のオウンゴールを誘い、フランスが先制(15日)=宇那木健一撮影

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日(日本時間16日午前0時)、フランスとクロアチアによる決勝戦がモスクワのルジニキ競技場で行われ、フランスが4-2でクロアチアを下し、20年ぶり2度目の優勝を果たした。

フランスは18分、FKが相手に当たってゴールに入り先制。クロアチアは28分、ペリシッチのゴールで同点とした。フランスは38分、グリーズマンがPKを決めて再び勝ち越し。フランスは59分、ポグバのゴールで加点、65分にはエムバペのゴールで4点目を挙げた。クロアチアは69分、マンジュキッチのゴールで1点を返した。

フランスのデシャン監督は、ブラジルのザカロ氏、西独(当時)のベッケンバウアー氏に続き、史上3人目の選手と監督両方での優勝経験者となった。

フランス(世界ランキング7位)は開催国として初優勝を飾った1998年大会以来2度目の頂点を目指し、やはり98年大会での3位が最高成績だったクロアチア(20位)は初の世界一を狙った。両国がW杯で対戦するのは、その98年大会準決勝でフランスがクロアチアを2―1で下して以来20年ぶり。

フランスはエムバペ、グリーズマン、ジルーら不動の攻撃陣が先発。クロアチアも大黒柱モドリッチに、マンジュキッチ、ペリシッチらの中軸が顔をそろえた。

★試合経過★

0分【ク】クロアチアボールでキックオフ

15分【ク】左サイドからのペリシッチのクロスはDFに跳ね返される。

18分【フ】ゴールやや右からのグリーズマンのFKが、マンジュキッチの頭に当たりゴール左へ吸い込まれた。

27分【フ】カンテにイエローカード。

28分【ク】敵陣中央のFKを右に展開、ゴール前での浮き球がこぼれたところをペリシッチが反応、ゴール左サイドから左足を振り抜きゴール右へ同点弾を突き刺した。

38分【フ】クロアチアのペリシッチのハンドで得たPKをグリーズマンが決めて再び勝ち越し。

46分【フ】フランスボールで後半スタート。両チーム選手変更なし。

48分【ク】ゴール左からのレビッチの強烈なシュートはGKがクリア。

52分【フ】右サイドの縦パスに反応したエムバペがゴール前へ抜け出しシュートを放つが、GKがクリア。

55分【フ】カンテに代わってヌゾンジが入る。

59分【フ】右サイドからのクロスをグリーズマンがポグバに送り、右足シュートは跳ね返されるが、そのボールを左足でゴール左へ送り込んだ。

65分【フ】左サイドからのパスを中央で受けたエムバペが、DFをかわしてミドルシュートを放ち、ゴール左へ突き刺す。

69分【ク】相手バックパスを追ったマンジュキッチが、GKがクリアしようとしたボールに足を出し、跳ね返ったボールがゴールへ吸い込まれた。

71分【ク】レビッチに代わり、クラマリッチが入る。

73分【フ】マチュイディに代わり、トリソが入る。

81分【フ】ジルーに代わり、フェキルが入る。

82分【ク】ストリニッチに代わり、ピアツァが入る。

89分【ク】ラキティッチのミドルシュートはゴール上へ外れる。

92分【ク】ブルサリコにイエローカード。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>