これだけ読めばわかる~W杯決勝:フランス対クロアチア

クロアチアを破って5大会ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶフランスの選手ら(右端はクロアチアのモドリッチ)(15日、モスクワで)=三浦邦彦撮影

【結果】

フランス 4-2 クロアチア (前半2-1)

【戦評】

フランスが大量点でクロアチアを押し切り、5大会ぶり2度目の優勝となった。18分にFKが相手オウンゴールを誘って先制すると、追いつかれた後の38分にはグリーズマンのPKで勝ち越した。攻撃のリズムを取り戻した後半に連続ゴールでリードを広げ、クロアチアの反撃をしのいだ。クロアチアはボール保持率やシュート数で相手を上回るなど積極的なプレーを見せたが、前半にオウンゴールや、「ビデオ・アシスタントレフェリー」(VAR)によるPKを決められるなど不本意な形で失点を重ね、力尽きた。

【得点経過】

(18分)フランスが先制点。クロアチアのオウンゴール (1-0)

(28分)クロアチアが同点ゴール(1-1)

(38分)フランスがPKで勝ち越し(2―1)

(59分)フランスが突き放すゴール(3―1)

(65分)フランスがさらに加点(4―1)

(69分)クロアチアが相手GKのミス誘う反撃のゴール(4―2)

【解説】

点を取ってそのリードを冷徹に守ったフランスの手堅さが光った。個々の選手は完璧ではなくミスもあったが、傷口を大きくせずにすぐに立て直した。決勝戦進出の原動力となったMFカンテを後半早々に交代させたのも、デシャン監督の勝利に徹した采配ゆえか。サイド攻撃などで突破口を作ろうと色々と仕掛けてきたクロアチアを、後ろの4人とその前の3人でラインを作って寄せ付けなかった組織の力はさすが。若い選手も組織の中で機能した。(サッカーライター・石川聡さん)

【コメント】

デシャン監督「この優勝は私のものではなく、勝ち取った選手たちのものだ。(代表チームとして)55日間、我々は大変な仕事をした。フランス人として誇りに思う。2年前の欧州選手権(の決勝)で敗れてつらい思いをしたが、そこから私たちは学んだ。ここまでの道のりにはつらい瞬間もあったが、私たちは精神力の強さを証明した」

【試合詳報】

序盤10分過ぎまでは、ここまで3試合連続延長戦を戦っているクロアチアが積極的なプレスから主導権を握って攻め込む。フランスはやや動きが硬い。

18分、フランスが先制。グリーズマンが25メートル弱のフリーキックを、左足で蹴り込むと、鋭いボールがクロアチアの長身選手の頭をかすめ、ゴール左上隅に吸い込まれた。記録はオウンゴール。

28分、クロアチアがペリシッチのゴールで1-1に追いつく。ゴール正面、やや距離のあるFKを、モドリッチが右サイドへ展開。これをヘディングなどで複数の選手がつなぎ、こぼれ球を拾ったペリシッチが鋭い左足シュートを突き刺した。

36分、フランスの右CKからの混戦で、クロアチアの選手にハンドの反則があったとして、主審がビデオ判定の末にPKを宣告。

38分、フランスがPKで勝ち越す。グリーズマンが左足でGKの逆を突き、ネットを揺らした。フランスが2-1でリード。

52分頃、客席から男女数人がピッチ上に乱入し、試合が一時中断するハプニング。

59分、フランスはカウンター攻撃からポグバが追加点を決め、3-1に。ポグバが長いスルーパスをエムバペに通して築いた好機で、自らシュート。1度は相手守備にはね返されたが、こぼれ球を拾って左足シュートを打ち直してネットを揺らした。

65分、フランスの19歳、エムバペが右足でミドルシュートを決め、4-1と突き放す。

69分、クロアチアが1点を返し、2-4と追いすがる。相手GKロリスの緩慢なボール扱いを逃さず、敵陣ゴール前に詰めてきたマンジュキッチがボールを奪ってゴールを決めた。

後半ロスタイムは5分。フランスが4-2のまま逃げ切り、1998年フランス大会以来、5大会ぶり2度目の優勝。クロアチアは初制覇ならず。(了)

 

<<
ニュース一覧へ戻る
>>