W杯決勝、反体制活動の4人がピッチに乱入

 後半、ピッチに侵入し、警備員らに取り押さえられる乱入者(15日)=宇那木健一撮影
後半、ピッチに侵入し、警備員らに取り押さえられる乱入者(15日)=宇那木健一撮影
 後半、ピッチに侵入し、エムバペとタッチする乱入者(15日)=宇那木健一撮影
後半、ピッチに侵入し、エムバペとタッチする乱入者(15日)=宇那木健一撮影
 後半、ピッチに侵入し、関係者に取り押さえられる乱入者(15日)=三浦邦彦撮影
後半、ピッチに侵入し、関係者に取り押さえられる乱入者(15日)=三浦邦彦撮影

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝で、50分過ぎ、観客4人がピッチに乱入して警備員らに取り押さえられ、試合が約1分間中断した。

AP通信によると、反体制活動を行っているロシアの団体が、乱入行為をしたとツイッターで発表した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>