マリに苦戦~ドローで「完全にやられた」

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた強化としてベルギー遠征中の日本代表は23日、マリ代表との国際親善試合をリエージュで行い、1―1で引き分けた。世界ランキング55位の日本にとって同67位でアフリカ勢のマリは、W杯で対戦するセネガル(世界27位)を想定した相手。前半終了間際にPKで先制されたが、終了間際、三竿健のクロスを中島が合わせて追いついた。日本は27日、世界ランク35位のウクライナと対戦する。

マリに引き分けた日本代表

日本・ハリルホジッチ監督「何を言えるかな、という試合だ。やるべきことが、かなりたくさんある。現実を直視し、やっていかないといけない。

トレーニングを続けるだけ。W杯まで、まだまだ遠いな、という感じだ」

マリ・マガスバ監督「難しい試合だった。日本は手ごわく、しっかり意思統一されたチームだった。日本のような強豪と引き分けられて誇りに思う」

長谷部「チームとしても個の部分でも、完全にやられたという感じがある。このままでは厳しい戦いが続く」

 

日本 1(0―1 1―0)1 マリ

【得点】(日)中島(93分+)

(マ)ディアビ(44分=PK)

【交代】(日)山口蛍(C大阪)=34分大島、酒井高(ハンブルガーSV)=46分宇賀神、中島(ポルティモネンセ)=60分宇佐美、三竿健(鹿島)=60分長谷部、小林悠(川崎)=65分森岡、本田(パチューカ)=70分久保

【警告】(日)宇賀神

<<
ニュース一覧へ戻る
>>