「ハリル氏と選手 信頼薄れた」後任に西野氏

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日開幕)に出場する日本代表について、日本サッカー協会は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)との契約を解除、西野朗(あきら)氏(63)が技術委員長職を辞して後任に就くと発表した。西野氏の契約はW杯までで、12日、新たなコーチ陣らと記者会見に臨む予定。ハリルホジッチ監督は7日付での実質的な解任となる。

6大会連続6度目の出場となる日本が、W杯開催年に入ってから監督交代に踏み切るのは初。都内で行った記者会見で協会の田嶋幸三会長は、マリ、ウクライナとの強化試合で1分け1敗だった3月の欧州遠征で「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」ことを理由に挙げた。

監督を支え、試合を分析、評価する立場にあった西野氏を後任とした理由を「W杯まで2か月しかなく、内部でチームを一番見てきたため」と説明した。

会長は7日、パリへ出向いてハリルホジッチ監督に解任を直接伝え、監督を補佐した外国人コーチ3人とも契約を解除した。監督は動揺した様子で、「なぜこの時期に」と尋ねたという。

ハリルホジッチ監督は2015年3月に就任。日本代表での通算成績は21勝9分け8敗。

元日本代表MFの西野氏は監督として、1996年のアトランタ五輪で28年ぶりの本大会出場を果たし、ブラジルを破る大金星を挙げた。

西野朗氏「このタイミングでの監督交代は非常に難しいが、自分の立場だけを考えるのではなく、現状況を打破することが第一義だと判断し、日本代表の指揮を執ることにした」

ウクライナ戦で選手に指示を出すハリルホジッチ監督(3月27日)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>