ハリル氏「最悪の悪夢」選手との信頼不足を否定

記者会見でサッカー日本代表監督を解任された心境などを語るハリルホジッチ氏

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会まで約2か月のタイミングで日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、記者会見を都内の日本記者クラブで開き、「最初はジョークだと思った。こんな形で日本を去ることになると思わなかった。考えつく限り最悪の悪夢だ」と深い失望を語った。

300人以上の記者、テレビカメラ約30台に囲まれる中、1時間半に及んだ会見で「誇りを持って仕事をしてきた。W杯アジア予選を通過させる成功を手にし、誰もが満足した」と2015年3月の就任以来、3年間の成果を強調した。

日本サッカー協会が今月7日付での解任理由とした、コミュニケーション不足や信頼関係の薄まりについて「誰とも何の問題もなかった。誰とのことを言っているのか分からない」と強く否定し、選手やスタッフから寄せられたメッセージを披露した。

1分け1敗に終わった3月の欧州遠征も「W杯への調整だと思い、中盤とFWの解決策を探していた。結果は頭になく、たくさんの教訓を引き出すことができた」と説明。「(解任理由に)結果をぶつけられたのなら分かるが、真実は見つかっていない」と納得できないとした。

「全てが整い始めていたところ。私の得意分野である最後の詰めの仕事をさせてもらえなかった。私へのリスペクトがなく、非常に傷ついている」と無念さをにじませた。日本への思いについては「多くの選手、スタッフとは心が通っていると信じている。私は日本の永遠のサポーターだ」と笑顔を見せた。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は27日夜、都内で取材に応じ、「信頼がなくなっている、コミュニケーションがとれていない、それで(解任理由は)十分だと思う。(詳細を)言って選手やスタッフを巻き込むつもりは一切ない。水掛け論になる」と話した。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>