ネイマール、レバンドフスキらW杯代表に

来月開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向け、ブラジル・サッカー連盟は14日、登録選手23人を発表し、3月に右足を手術したネイマール(パリ・サンジェルマン)や、マルセロ(レアル・マドリード)らが名を連ねた。

14日には最大35人の予備登録が締め切られ、日本とグループリーグで対戦するコロンビアやポーランドなどがリストを公表。コロンビアは、前回大会得点王のロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)やファルカオ(モナコ)らを選出。ポーランドはレバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)、GKシュチェスニ(ユベントス)らが選ばれた。前回準優勝のアルゼンチンには、メッシ(バルセロナ)らが入った。

韓国は28人を発表し、エースの孫興民(ソンフンミン)(トットナム)のほか、張賢秀(チャンヒョンス)(F東京)などJリーグでプレーする5選手も選ばれた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>