ロナルド、罰金24億円支払いで合意…脱税疑惑

脱税の疑いで訴追されたサッカー・ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルド選手が、スペインの税務当局に対し、罰金1880万ユーロ(約24億円)を支払うことで合意をしたと15日、司法関係者が明らかにした。AFP通信が報じた。

今回の合意は税務当局とロナルド選手の顧問会計士の間で交わされたもので、禁錮2年の刑という記述も含まれている。スペインでは初犯で2年以下の刑は執行猶予になることが多いため、収監される可能性は低いとみられる。

スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属するロナルド選手は自らの肖像権に絡み、2011~14年の間に所得隠しをしたとして、同国の検察当局に訴追され、昨年7月末に裁判所に出廷した際には、その疑惑を否定していた。(時事)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>